転職活動における年齢について

転職活動に年齢の壁はあるのか

転職活動における年齢の壁というお話をしたいと思います。

 

よくもいわれるのが、35歳になるんですけども転職大丈夫でしょうか?という話です。転職の壁というのは存在することは事実です。キャリアは人それぞれ違うので何歳からとか一概にはいいにくいですが、必ずある時点から難しくなっていくということは事実です。

 

理由としては、ひとつは単純に求人数の問題です。

 

給与が高い中高年よりも安く若い労働力を求める傾向は強いですから、そもそも市場に出回る中高年向けの求人の数が少ない、ということです。

 

それからもうひとつはスキルと経験の問題があります。

 

年齢が上がれば上がるほど要求される経験やスキルのレベルも高くなります。求人の数そのものが少ないと競争は厳しくなって、より高いレベルのスキルと経験が必要になってくるわけなんですけども、実は会社側の事情によって十分なスキルと経験が伴っていない中高年の方が多いです。

 

というのは、最近は新卒の採用を考えている会社も減っているので、中堅の方でも若手の仕事をあてがわれてしまったり、ということもありますし、組織のフラット化からポストも簡略化されてしまったりして、ある程度年齢が高くても年齢相応の役職につけないので、マネジメント経験などを経験できない人が増えていると思います。

 

それでそうした年齢の中高年人材というのは、転職市場においてもどうしても評価が低くなってしまうので、例えば人材紹介会社における扱いというのはやっぱり厳しくて積極的に採用したがらない傾向があります。だから中高年の方の支援というのは、苦労していますが多少は時間がかかっているとしてもなんとかそれなりの結果は出せているというのが現状です。

 

中高年の方が結果を出すためには、まずできる限り企業との接触回数を増やすということが必要ですし当然最大限のアピールも必用になってきます。

 

マネジメント経験が不足していも結構多いんですけども

 

まずは、1プレーヤーとしての能力、経験をしっかり伝えるということが不可欠ですし、その上でもしマネジメントをまかされれば、こなせるというポテンシャルをしっかり伝えることが必要です。

 

いずれにしても、ある程度の年齢になれば、大変になってくることは事実なんですけどもあなたが転職できれば、その企業で必ず貢献できるんだというものがあるのであれば、必ず道はなどを開きます。それを信じて頑張ってください。

転職活動に年齢制限はあるか?についてお伝えしましたが、人手不足で売り手市場となっている看護師、薬剤師、保育士などの職業では、採用側は喉から手が出るほど人材を欲しがっています。それなので、転職支援サービスに登録して紹介を受けて転職活動すれば、あっという間に転職先が決まるはずです。
薬剤師さんは、下のサイトで紹介されている転職支援サービスの評判を参考にしてください。
薬剤師の転職支援サービス評判